テレビスタンドはテレビを置くだけじゃない!インテリアであり収納名人なのです。

一人暮らしだと、間取りが1kや1Rという人も多いのではないでしょうか。そうなると、一つの部屋の中で寝食をするわけなので、うまく家具の配置をする必要があります。インテリア等に興味がない人であれば、ベッドやテーブル、とりあえず生活に必要な物をただ置ければいいという人もいるでしょう。ですが、多くの人たち自分に居心地の良い部屋にしたいと思うのではないでしょうか。しかし、収納の少ない部屋などは、物が溢れてしまい乱雑な雰囲気になりがちです。もちろん、見せる収納やその人のセンス次第ですし、基本的には住んでいる人が良ければどんな部屋であろうといいわけです。とはいえ、散らかった部屋というのは風水的に見ても良いものではありません。見せる収納等は意外と難しくセンスも必要なので、家具や生活用品を置きつつも、その中に収納スペースを作ればいいのです。例をあげると、ベッドの下などのデッドスペースに衣装ケースなどを置いている人も多くいます。また、チェストの上もある意味デッドスペースなので、小物等をしまえる箱や小さなチェストを置くのもいいでしょう。そして、意外と場所を取るのがテレビスタンドです。テレビを置ければそれでいいという人もいると思いますが、テレビスタンドは隠れた収納名人なのです。もちろんシンプルなものはテレビを置くだけのものもありますが、多くのテレビスタンドは、デッキやDVD等が入れられます。そこのスペース結構なものなので、小物から雑貨まで工夫次第で収納の幅も広がります。収納が少ないと悩んでいるなら、部屋の中をもう一度確認してみましょう。意外な所が収納スペースとして使えるかもしれません。