賃貸でも工事をしないで壁掛けテレビに出来るエアーポール

賃貸物件は退去時に原状回復義務が発生する為、借主の方は勝手に工事をしたりはしません。
そのため、工事を必要とする壁掛けテレビの利用は、省スペースと言う点からも注目されていますが、賃貸では出来ないというのが従来の認識でした。
しかし実際には専用の道具を利用する事で、工事をしないでも壁掛けテレビにする事が出来ます。
それがエアーポールです。

エアーポールは突っ張り棒の様に天井を床に棒を突っ張った状態にして使います。
その棒の途中にテレビを取り付ける事によって、壁面は勿論の事、窓の前等壁掛けが元々出来ない場所でも壁掛けテレビとして利用する事が出来ます。
勿論工事をしないで購入者が自分で取り付けをする事もできる為、手軽に使う事が出来ると言うメリットもあります。

また、実際に工事をしないで突っ張った状態で使うという事になる為、地震の時の耐久性はどうなっているかというのも注目される点ですが、震度6にも対応する性能がある製品です。
また耐震性をより高める為の部品も有る為、それを利用すればより安定した状態で利用する事が出来ます。

テレビの取付に関しては、エアーポールには専用の金具も付いているため、それを利用します。
金具はその取り付けるテレビのサイズによっても変わってきますが、専用の道具は必要とせずにドライバー1本あれば取り付ける事が可能です。
壁に穴を開ける事も無く使用する事が出来る為、賃貸物件でも利用する事は十分可能です。