壁掛け風テレビスタンドなら工事をしないでテレビを飾れる

薄型の液晶テレビは軽量化が進み、リビングの壁などに金具を取り付けてスペースを作ることができるようになっています。しかし、壁に穴を開ける行為はマイホームであれば自由にできるので問題もありませんが、賃貸ではそう簡単にできるものではありません。それでも、テレビボードの上に置いていては耐震に不安がある、スペースをもっと広げたいと言う人も少なくないでしょう。完全な壁掛けというわけではありませんが、工事をしないで済む方法として、壁掛け風テレビスタンドが存在します。土台から伸びる支柱に液晶テレビを固定し、壁掛けのように見せる商品で、土台には固定タイプと移動が簡単なキャスター付きのものもあります。また、土台からテレビの設置箇所までの間にラックが付いているものも存在し、ブルーレイレコーダーなどを置くこともできるので非常に便利です。価格が安いものはテレビを固定する以外に機能はありませんが、一部では上下左右に動かせるものもあるので、視聴する場所が変わるような環境でも角度を変えて利用することができます。ソファで横になりながら、いつもならリビングだけれど、ダイニングから見るといった使い方もできます。また、天井と床に突っ張り棒を入れて固定する土台のないタイプなら、圧迫感がなくスペースを大きく作ることができます。この方法は壁掛けをする必要がないので、穴を開けないという以外にも、間取りの問題で設置できない場合や、窓際に設置したいという場合でも利用できるのがメリットとなります。